アロマの歴史

2018/02/17
ロゴ
療法としてアロマセラピー 薬用植物を治療に用いることに興味を持つていたフランスの医学博士「ジャン.パルネ」は、大戦中にアロマを戦傷の治療のために広く用いました。そして、アロマセラピーが大きな可能性を秘めた治療方法であることを知り、1964年には『芳香療法』という本も出ました。