アロマの歴史

2018/01/09
ロゴ
エジプトでは、太陽神(ラー)に対し、香煙に乗って魂が天国に導かれるように祈りの儀式を捧げてました。時刻によって炊かれる物は異なっていました。朝は日の出ともにフランキンセンスが炊かれ、正午にはミルラが炊かれました。また日の沈むときにはキフィと呼ばれる16種類の香りをブレンドした物で、人を寝付かせ、不安を静めていました。香り=アロマで